最新記事

現役プログラマーが教える覚えておきたい人気プログラミング言語5選

プログラミングには興味あるけど何の言語を選択したらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで様々なデータから紐解いて人気な理由などをまとめて解説しています。

人気のプログラミング言語を年収、求人などのデータを元にこれから何を学習したら良いのか比較してまとめています。言語選びでエンジニア人生を左右するといっても過言ではないと言えます

下のグラフはIEEE Spectrumが7/18日に人気プログラミング言語のランキング「Top Programming Languages 2017」を発表しました。

出典:IEEE Spectrum/

以下の5つの評価基準を元に、各0〜5点までつけ、25点満点で評価をしていきます。

ランキングの比較基準

今回のランキングは、時代の流れや、業界での需要を考えた上で、これから学び始めて大きなメリットが得られそうなプログラミング言語をランキングにしています。

1Java

Javaとは、プログラミング言語のひとつで汎用性のある言語として世界中に多くの愛用者がいます。Javaは、Androidアプリ、デスクトップアプリやゲームに使用されます。また企業のバックエンドの開発にも使用されています。さらに、ビッグデータの保存や加工に使用するフレームワークHadoopは、Javaをベースとしており、Yahoo、Facebook、 Amazon Web Servicesといった企業で採用されています。

 

2.python

 

「Python」は、Google三大言語(C++、Java、Pythonのこと)の一つで、Google App Engine でもPython が採用されています。

また、世界一のUU(ユニークユーザー)数 を誇る「Facebook」の開発にも採用されていることで、大規模なシステム開発においても有用な言語であることが証明されました。

Perlがlivedoorやmixiで使用され、日本での普及が進んだのと同じ現象が、Pythonでも起きているといえます。

 

3.PHP

 

 

PHPはサーバー側のスクリプト言語で、PHPのコードで何をするか概念化が容易な為、初心者向けの言語と考えられています。この言語はWeb向けに特化されているので、多くのWebサイトはPHPで構築されています。

Facebook、Wikipedia、Yahoo!、 Tumblr、 WordPress等はPHPで構築されています。

4.Rudy

 

 

開発を面白く、かつ効率的にする為に開発されたRudyは、Rudy on Railsのフレームワークによって人気を博しました。

Ruby on Railsは、プログラミングの快適性を追求した、フルスタックのフレームワークです。Rubyは英語の様に解読でき、Railsは、共通タスクを容易にするツールを備えています。

Shopify、Bloomberg、HuluやSlideshareなどの人気サイトではバックエンド開発の大部分にRubyを使用しており、Ruby on Railsで構築されています。

5.c++

 

「C++」は、Google三大言語のひとつです。

C言語にオブジェクト指向と呼ばれる考え方などの機能を拡張したものがC++です。

C++は基本的にC言語の上位互換で、C言語をマスターした後の次のステージと言ってもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。各プログラミング言語、それぞれ歴史的背景や一長一短があり、どれを選んでというのはなかなか難しいのが現状です。自分の目的や将来像を念頭において、合うものを検討してみて下さい。

また、今回はランク外でしたが今後の成長が期待できそうなApple社のSwiftや、求人数は少ないものの年俸では他の言語に比べて非常に高いScalaといった言語もあります。あわせて調べてみてはいかがでしょうか。

Tominaga Jun

プログラマー、デザイナー、写真家、ライター
として、九州を拠点に活動をしています。このサイトはデザインとパソコンに強くなるメディアとして立ち上げましたので利用してください。又、近状やコンテンツはFacebook.twitterで発信もしていますのでお気軽にFollowしてください。

http://www.facebook.com/tominagajun1

関連記事

  1. 独学でプログラミングからWebデザインまで学べる国内の凄いサイト13選

  2. オリジナリティー溢れる!海外写真家のポートフォリオ10選

  3. 行動心理学から見る人を引きつけるホームページの作り方

  4. 海外のクリエイティブなホームページデザイン8選

  5. 海外のオリジナリティー溢れるウェブサイト6選

  6. 目移りする日本国内のホームページテーマ

  7. Webデザインの参考にしたい国内のクリエーターポートフォリオ[まとめ]

  8. 海外のトップクリエーターのポートフォリオ8選

PAGE TOP