最新記事

デザインに取り入れたい!ビビットカラーのウェブサイトまとめ

印象的なビビットカラーのウェブサイトを紹介させて頂きます。ビビッド(vivid)は日本語で「色鮮やかな」という意味。明度・彩度ともに高く、正式には「純色」と呼ばれる色相のことです。鮮やかで活発、アクセントカラーとしてデザインに取り入れることも多くあります。ビビットカラーは印象的なサイトにしてくれます。

目次

1.ピンク

2.ブルー

3.イエロー

4.レッド

カラーチャートを具体的に紹介しているサイトもありましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://www.colordic.org/v/

ピンク

http://toddproctordesign.com/

顔の画像が印象的なサイトです。ファーストビューだけで印象に残るサイトです。

http://mbambach.com/splash.html

WebデザイナーのMatthew Bambachさんのポートフォリオサイトでは、デュオトーンをビビッドカラーで取り入れています。デュオトーンは彩度を落として暗くする渋めのカラーが好んで使われる事が多いです。

 

ブルー

https://www.newdealdesign.com/

こちらはブルーとピンクを組み合わせた斬新なデザインです。太めのフォントとの組み合わせもお洒落です。

http://outlinecss.co.uk/

青、緑、黄色をつかっていますが、それを組み合わせて繊細な色彩を作っています。爽やかなイメージに最適です。

http://www.gethyapp.com/

黄色と水色の組み合わせで、インパクトが強くなりがちなカラーを丸いフォントで全体のバランスをまとめています。

イエロー

http://vibrant.pratheev.com/

こちらは落ち着いたグレーとイエローの組み合わせですが、落ち着いた色彩にビビッドカラーを合わせて目を引くデザインを演出しています。

https://www.studiokoto.co/

シンプルなデザインにイエローをチョイスしている事で、インパクトを演出しています。フォントも可愛いですね。

http://triner.de/

目がチカチカするほどのイエローとホワイトの組み合わせで一目で他社と差別化できるサイトを構築できます。

 

レッド

http://intromusique.ca/

レッドとネイビーの組み合わせでデザインされているウェブサイトです。飛び出すロゴなどのユニークな仕掛けも参考になります。

http://aaronporter.co/

シンプルな背景にレッドのロゴがアクセントカラーとしてウェブサイト全体を引き締めています。

まとめ

今回、ビビッットカラーのウェブサイトを集めてみました。ビビットカラーは背景全体に使用しても、アクセントカラーに使用してもとても印象的ではないでしょうか。

ブラックやホワイトなどの無色系との相性がとてもいいので。幅広いデザインに使用できますので参考にしてにてはいかがでしょうか。

 






Tominaga Jun

プログラマー、デザイナー、写真家、ライター
として、九州を拠点に活動をしています。このサイトはデザインとパソコンに強くなるメディアとして立ち上げましたので利用してください。又、近状やコンテンツはFacebook.twitterで発信もしていますのでお気軽にFollowしてください。

http://www.facebook.com/tominagajun1

関連記事

  1. 行動心理学から見る人を引きつけるホームページの作り方

  2. 海外のクリエイティブなホームページデザイン8選

  3. Webデザインの参考にしたい国内のクリエーターポートフォリオ[まとめ]

  4. オリジナリティー溢れる!海外写真家のポートフォリオ10選

  5. Webデザインに絶対に役立つツール5選

  6. デザイナーやクリエーター向けにおすすめするワードプレステーマ[まとめ]

  7. 目移りする可愛いウェブデザイン7選

  8. オシャレでユニークな国内の写真家ポートフォリオ8選

PAGE TOP