最新記事

2017年デザイン業界の今後とデザインが企業にもたらす事

今回デザイン業界の今後とデザインが企業にもたらす事をまとめました。デザインは感覚的な部分もありますが、アメリカを始め外国では、多くの企業が経営戦略としても取り入れています。

1.全ての企業にとってデザインがより重要になる

今までは、ビジネスに対してデザインがもたらす影響が強いとされてきた業界は限られていました。例えば、ファッション業界や美容関係、車のデザイン今後デザイン的志向があらゆる業界の大切な要素になっていきます。現在アメリカを中心とした海外ではデザイン的志向とマーケティングがあらゆる企業に積極的に取り入れられています。

2.企業価値にもデザイン力が影響する。

これまでは、財務、指標や事業実績、株価などから企業の価値が判断されてきましたが、これからはそれに加えてデザイン力も判断基準になっていきます。現在シリコンバレーのVCでは、いち早くデザイン業界経験のある人材を獲得を進めている企業が増えています。

3.独学でデザインを学ぶ必要がある

テクノロジーの加速で学校でデザインを学ぶだけでは、プロの世界では十分ではない、もちろん基本的なデザインの知識は重要である。サンフランシスコなどの都心部では、社会人向けのクラスも増え、大学に行かず独学でデザインを学びデザイナーやクリエイティブな業界で活躍している人も増えている。

4.エンジニア経験を持つデザイナーの重要性

デザイナーとエンジニアは今までは別々のものと分野されてきましたが。Web,モバイルの進化と共にデザイナーもプログラミングの知識が求められるようになった。エンジニアの経験を持つデザイナーは非常に重要な人材となっています。

5.行動心理学も重要

海外のVXデザイナーの中ではデザイン科卒業ではなく、心理学や人間工学、人類学を学んで、デザイナーになった人も多い。

6.デザイナーと呼ばれなくなる職業

デザインは、これから企業にとって重要な軸になってくる事は疑いはありません。与えられた課題に対して最前の解決方法を考え、デザインを具体的にアイディアとして落とし込む人がデザイナーであり、Photoshopなどの技術ももちろん必要ですが。オペレーションシステムは今後
マシーンに変わわる可能性があり、仕事がなくなる、もしくは待遇が悪くなっていきます。

シリコンバレーのクリエーティブ情報を知りたい方かこちら→http://btrax.com/jp/#intro

まとめ

今回、デザイン業界の今後と企業にもたらす事まとめました。ITの進化でデザインがあらゆる企業の軸になっていくのではないでしょか。

 






Tominaga Jun

プログラマー、デザイナー、写真家、ライター
として、九州を拠点に活動をしています。このサイトはデザインとパソコンに強くなるメディアとして立ち上げましたので利用してください。又、近状やコンテンツはFacebook.twitterで発信もしていますのでお気軽にFollowしてください。

http://www.facebook.com/tominagajun1

関連記事

  1. 違いは何?売れてるネットショプの7つの特徴

  2. コンテンツSEO5つの仕組み

PAGE TOP