最新記事

誰でも絶妙な色調が作れるカラーパレッドツール5選

デザインのカラーを決める際、デザインカラーに悩んだ経験は一度はないでしょうか。今回、悩まず配色を決めれて大きくメソッドから外れない。自動配色サービスを紹介しています。

こちらでは、フラットデザインやマテリアルデザインに最適な配色パターンを掲載しているサービスを集めました。ひとつでも使用するとデザインの作業効率が短縮できるのではないでしょうか。

目次

1Coolors Coolors.co – The super fast color schemes generator
2.NIPPON COLORS
3.COLOURlovers
4.Material Design Color Palette Generator – Material Palette
5.Adobe Color CC
1.Coolors Coolors.co – The super fast color schemes generator

 

 

CoolorsもCOLOURloversと同じく、ユーザーが作成した配色パターンを共有することができます。配色パターンの上にカーソルを置き、「EXPORT」をクリックするとカラーコード付きの配色パターン画像をPNGやPDFなどの形式でダウンロードできます。

2.NIPPON COLORS

 

日本の伝統色 日本独特の伝統色を再現できるカラーパレットです。Webサイトで和を表現したいときに使いたいサービスです。

3.COLOURlovers

 

Browse Palettes :: COLOURlovers COLOURloversのユーザーが作成した配色パターンを自由に閲覧、利用することができます。こちらも、配色パターンをクリックすると各色のカラーコードが確認できます。

4.Material Design Color Palette Generator – Material Palette

 

Material Design Color Palette Generator – Material Palette マテリアルデザインに最適化された色を揃えており、この中から2色選択すると自動的に配色パターンを提示してくれます。 2色をクリックしたら右側にサイトイメージが表示されます。

5.Adobe Color CC
 

 

Adobe社が提供する配色ツールです。こちらも簡単な操作で複数色の配色を決めることができます。 各色をクリックすると、1色を基準に微調整ができる仕様になっています。(1色を変更すると、それに合わせて他の色も変化します。)下部にカラーコードが表示されています。

まとめ

今回、デザイン一般でとても大事な配色についてまとめました。複数色の配色バランスを考えることは、デザイナー職でない方にとってはかなり難しい作業になります。

配色は感覚的に見えて、実はシステマチックに構築できるため、一般的なホームページであればカラーコードを元に機械的に判別された配色を利用する方が効率的に作業できます、是非参考にして頂いたら幸いです。

 

 




Tominaga Jun

プログラマー、デザイナー、写真家、ライター
として、九州を拠点に活動をしています。このサイトはデザインとパソコンに強くなるメディアとして立ち上げましたので利用してください。又、近状やコンテンツはFacebook.twitterで発信もしていますのでお気軽にFollowしてください。

http://www.facebook.com/tominagajun1

関連記事

  1. デザイナーなら知っておきたいPhotoshopの無料テクスチャ10選

  2. Photoshopをより便利にカスタマイズできるオススメ無料プラグイン6選

  3. キュートなデザインの参考に!女性向けブラシ9選

  4. デザイナーが教えるアドビストックの魅力

  5. デザインの参考にしたい7冊の本

  6. いいね!と言われるデザインが無料で学べるphotoshopチュートリアル12選

  7. クオリティーの高い!カラフルでポップなベクター画像8選

  8. 写真加工がワンクリックで完了する!Photoshopアクションファイル12選

PAGE TOP