コンテンツ制作


こんにちは、今回ホームページのアクセスアップをさせる為に重要なSEOについて紹介させていただきます。
記事を書いたら、情報を求めている人に届けたい!そう思うのは、書き手としてあたり前の事です、これはブログやHPでの同じ事を言えます。

最適な読者にコンテンツを届ける為、SEOを学んでいきたいと思います!まずはGoogleが公表しているWebサイトの教科書「ウェブマスター向けガイドライン」から学んだわかりやすいコンテンツについてまとめました。

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

1.ウェブマスター向けガイドラインとは

「ウェブマスター向けガイドライン」はGoogleが「最低限これは守ってください」と公表している、Webサイトのルールです。このガイドラインに違反しているとGoogleからスパム扱いをされることもあります。SEO対策以前の話なので、まずは土俵にあがるためにも押さえておきたい事項です。

ガイドラインは「一般的なガイドライン」と「品質に関するガイドライン」に分けられています。ざっくりいうと以下の分け方です。

○一般的なガイドライン:OK!と判断する事項

○品質に関するガイドライン:NO!と判断する事項

ガイドラインから学ぶのコンテンツSEO

※引用元はすべて「ウェブマスター向けガイドライン」です。

1. 情報が豊富でわかりやすいと事

情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確にページに記述します。コンテンツSEOってどうやるの?Googleウェブマスター向けガイドライン編

☆あたりまえのようなルールですが、一番ハードルが高いですね。

2. ユーザーが検索しそうなキーワードを含むとOK!
ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。自分が推したいキーワードを選ぶではなく、ユーザーのニーズからキーワードを選ぶ。そしてそのキーワードを適切に入れてください、ということですね。

3.ペルソナがどういう状況のときにどんなキーワードで検索をするのか、その流れを推測するために便利な思考法が「カスタマージャーニー」です。カスタマージャーニーとは、ペルソナがサービスを知って購入などに至るまでのプロセスのこと。その流れを具体 的に描ければ、最適なキーワードも思いつきやすくなります。

4.ペルソナを使うのに役立つ記事をまとめています

コンテンツをわかりやすく正確に作成するためには、適切な「ペルソナ」の設定が必要だと思います。ペルソナはそのコンテンツにふさわしい架空の顧客像。詳細に設定しておけば、コンテンツの軸がブレるのを防ぐことができます。自分が推したいキーワードを選ぶではなく、ユーザーのニーズからキーワードを選ぶ。そしてそのキーワードを適切に入れてくださいという事ですね。ペルソナがどういう状況のときにどんなキーワードで検索をするのか、その流れを推測するために便利な思考法が「カスタマージャーニー」です。

カスタマージャーニーとは、ペルソナがサービスを知って購入などに至るまでのプロセスのこと。その流れを具体的に描ければ、最適なキーワードも思いつきやすくなります。タイトルは読者がコンテンツに辿り着くために最も大切な要素。どんなに優れたコンテンツでもタイトルが内容からかけ離れていれば、読者は混乱してしまうはずですそのためSEO的にもタイトルはかなり重視されます。ペルソナが検索するだろうキーワードを盛り込みつつ、ついクリックしたくなるような要素も入れて、なおかつコンテンツの内容を端的に表さなければならない。すごく難しいですね。

4.重要な部分はテキストで表現するとOK!

重要な名前、コンテンツ、リンクを表示するときは、画像ではなくテキストを使用します。テキスト コンテンツの代わりに画像を使用する必要がある場合は、alt 属性を使用して簡単な説明テキストを組み込みます。
Googleの検索順位は「クローラー」というロボットがすべてのWebサイトをぐるっと徘徊して決定します。そのクローラーがコンテンツの良し悪しを判断する際、大事なのはテキストです。ロボットが読みやすいよう、重要な部分はテキストで表現しましょう。

またなんらかの理由で画像が表示されない場合、altに設定されているテキストが代わりに表示されます。このテキストがわかりやすければ、読者としてもわかりますし、ロボットにもわかりやすいです。SEO的に高く評価されるわけではないですが、ユーザビリティ向上としても画像のaltには説明テキストを入れたほうが尚いいです。

5. リンク切れがないとOK!

すべてのリンクが実際のウェブページにアクセスできることを確認します。有効な HTML を使用します。
リンク切れはだめだよ、と言っています。その通りですね。こちらに関しては「そうだね」以外にいうことがないので、チェックツールをご紹介します。リンク先がリニューアルしたり閉鎖したりして404になることも多いので、定期的にチェックしましょう。

Adobeが実施した意識調査によると、ページの読み込みが遅いと41%のユーザーが離脱してしまうそうです。読者に嫌な体験をさせるサイトは、OK!としてもNO!判定なんですね。サイトの高速化に関してはサーバーレベルからテコ入れが必要な場合もあるかもしれませんが、コンテンツ単位でも画像を最適化するなどで尽力可能です。重いGifを使いすぎたり、ファイル容量の大きい写真を載せすぎたりしないよう、軽量化ツールを駆使しながら配慮していきましょう。総じて、ユーザーファーストなコンテンツを良しとしていることがわかりました。いいコンテンツを作ることがSEOの最善策だと思うので、今回の5つを土台にしてコンテンツ制作スキルを磨いていきたいと思います。

今回、SEOに関する記事をまとめてみました、ブログやホームページをよりたくさんの方に楽しんでもう為、是非参考にしてみてください。

こんにちは、ブログを書く時のテーマ決めに悩まれた方は多いのではないでしょうか!?今回はそんな時に便利なツールを紹介させて頂きます

1.Buzz Sumo

http://buzzsumo.com/

海外のサイトですが、日本語に対応しているツールです、Fece book google+.Pintarest など SNSでどういった記事が世界で話題になっているかをいち早く数値化してくれているので、ブログネタに困った時は、トレンドから探すのもオススメです。

2.ホッテントリメーカー

http://pha22.net/hotentry/

エントリー名を生成するサービスです。ブログタイトル付けに悩んだ時に、どういうタイトルが人気記事になっているかを教えてくれる便利なツールです。

 

3.Hub spot’s blog Topic Generator (英語)

http://www.hubspot.com/blog-topic-generator#/blog/topic

インバウンドマーケティングで有名な「HubSpot」が提供しているサービス。

ホッテントリメーカー同様、キーワードを入れるとタイトル案が5つ自動生成されます。また最大3つのキーワードを掛け合わせることが可能です。英語サービスですが、ネタの切り口出しにはとても斬新です。

4.グーグルトレンド

https://trends.google.co.jp/trends/

Googleトレンド とは、検索エンジン「Google」上で、ある単語がどれだけ検索されたか、を調査することができるウェブ上のサービスです。Googleは世界中で利用されている、最も巨大な検索エンジンの一つです。「あるキーワードが、どの地域・どの期間に検索されているか」を、グラフでわかりやすく知ることができます。Googleトレンドで調べると「いつ、どの地域の人が、どの期間、そのキーワードに対して興味を持っていたか」が分かって僕もよく使うツールの一つです。

5.はてなブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/

オンライン上にブックマーク(お気に入り登録)保存する便利なツールです。ブックマークを公開して、世界中の人たちと共有することで新しい情報体験ができる優れたらソーシャルブックマークサービスです。
また、ブックマーク数が画面上に表示されることで、その記事を良質であるかを瞬時に判断できるひとつの基準にもなります。

6.アイデア生産工場

http://www.idea-plant.net/

新しいアイディアを生み出すテクニックを実際に行うとなると面倒な手間がかかったりします、その手間を改善してくれるツールです。キーワードを入力すると、オズボーンのチェックリスト法に従った9つのパターンに分けて、切り口を提供してくれますこれまでは思いつかなかったアイディアを生み出したい時に使えます。

今回は、ブログテーマに悩んだ時に便利なツールを紹介させてもらいました。1つでもお気に入りのツールがあると悩む事もなくなります。参考にしてみてください!

こんにちは、今回ネットショプで売り上げがあがるサイトの作り方を紹介させていただきます。

1.商品写真の背景は白がオススメ

大手Amazonも背景が白でとてもシンプルなデザインでサイトを構築しています。余計な演出はせず商品に注目してもらう事に100パーセント意識をフォーカスしてみましょう背景を白にする事により、清潔感や信頼感にも繋がっていきます。

2.ブランドの世界観を崩さない事

サイトを訪問してくれた人にまず何が売りのお店かという事をしっかりアピールできるサイト構築を心がけてみましょう、心理学の観点からみても色と人間の行動相関関係があるというデータもでています。例えば、衝動買いに効果をもたらす色はオレンジと黒又相関関係がある色はブルーとグリーンというデーターがでています、色が人間にもたらす効果は高いといえますので色選びにはこだわってみてください。

3.写真に人間ののった画像を使う

写真に人間ののっている画像にするとお客様が安心して購入できます。また人間の視線には最初に人物に目が行く様になっていますので安心感にも繋がります。

4.スマートフォンのモバイルファーストでサイトデザインを考える

今やパソコンよりもスマートフォンを持っている人の方が多くなっています。パソコンからのアクセスに合わせるよりスマートフォンからのアクセスに合わせてネットショプをデザインしていきましょう。

5.ファーストビューを意識する

ネットショプの顔となるTOPページ、ファーストビューに一番徹底的にこだわりましょう。ロゴやメイン画像、キャンペーン情報、お客様に有益な情報などで購入率をあげて行く要素を作りましょう。作るショプのベネフィットが伝わるかどうかを意識してみてください。

6.SNSでの宣伝

良いサイトの良い口コミは、どの業界にも売り上げは直結していきます。よりたくさんの人にサイトを見てもらうにはSNSは重要な役割を果たします。

7.買い物カゴの工夫

買い物カゴの大きさと色によってもボタンクリック数が変わってきます、小さすぎるカートでは、ボタンに気づかれなかったり、カーソルが合わせにくかったりします、大きなボタンを利用する事をオススメします。

まとめ

今回、ネットショプの購買率を上げる為のサイト構築について紹介させて頂きました。ネットでは顔が見えない分、サイトの細部にわたって気配りをする事がもっとも重要な要素です。参考にしてみてください。