Web デザイン

今回、国内の写真家のお洒落なポートフォリオを集めてみました。どのサイトも素敵なポートフォリオばかりです。

下薗 詠子

https://www.eikoshimozono.com/

今年、最も流行している、グラデーションカラーで洗練されたお洒落なアニメーションが動くウェブサイトです。写真界の芥川賞とも言われる木村伊兵衛賞を受賞した。作品が拝見できるポートフォリオです配色などセンスに溢れています。

グラデーションの記事はこちらから→「2017年再注目されているグラデーションウェブデザイン」

ヨシダ ナギ

http://nagi-yoshida.com/

トップのフルサイズ写真に引き込まれてしまうポートフォリオです。PORTFOLIOページ写真のホバーアニメーションがお洒落なデザインのウェブサイトです。

米田 樹央

http://www.kioyoneda.com/

スペースを利用し、写真をすっきりみせるデザインのウェブサイトです。シンプルながらも一枚一枚しっかり見れるデザインになっています。

黒岩 正和

トップページの写真スライドが壮大で見入ってしまいます。日常を切り取った写真が素敵なポートフォリオです。

http://kuroiwamasakazu.com/

村上 キヨ

http://www.kiyomurakami.com/

まるで絵画を見てるようなリアリティー溢れる作品を楽しめるポートフォリオです。

高橋 誠

http://makototakahashi.jp/

日本と海外のポートレートを中心に構成されているウェブサイトです。モノクロ写真、カラー写真がとてもお洒落です。

大甲 邦喜

http://taikoukuniyoshi.com/

格闘家やミュージシャンのダイナミックな写真がとても印象に残るポートフォリオです。

森山 大道

http://www.moriyamadaido.com/

全英的な作風で知られる森山大道さんのポートフォリオです。一枚一枚の写真が迫ってくるほどダイナミックなデザインで構成されているギャラリーです。

モノクロウェブデザイン→「モノクロで洗練された美しいウェブサイト7選」

伊藤 之一

http://www.itoyukikazu.com/

トップページのスロースライドショーがユニークなデザインです。背景のWhiteにカラー写真がよく生えて、お洒落なデザインです。

フォトグラファーキムラタカヒロ

http://kimuratakahiro.com/

トップページのモデルが縦にスライドする斬新な作りです。ポートレート写真が魅力的なサイトです。

MAKOTO TAKAHASHI-PHOTOGRAPHER

http://makototakahashi.jp/

日本と海外のポートフォリオをメインに構成されたWebサイトです。レイアウトの仕方がユニークでお洒落なサイトです。

まとめ

今回、国内の写真家のポートフォリオを紹介させていただきました。業務上、人物写真の撮影からレタッチ、人物合成などのグラフィックデザインを生業にしているので、非常に参考になるポートフォリオサイトでした。
余分なものは省いたシンプルでスタイリッシュなデザインが多いという印象を受けました。何が一番重要なのかというコンセプト設計やテーマ設定は、「写真」「グラフィックデザイン」「Webデザイン」のいずれにも通じるものがあると思います。海外の写真家も気になるので次回紹介させて頂きます。

こんにちは、今回2017年グラフィックデザインのトレンドを集めました。デザイントレンドは、あらゆる文化、メディア、テクノロジー、ファッション、様々な分野から影響を受け常に変わっていっています。2106年から引き続き人気のあるデザインから2017年最新のトレンドを集めました。

1.手書きグラフィックとアイコンデザイン

ビジュアルデザインに手書きイラストを採用する事でよりポップさを演出できます。2017年は手書きスケッチや手作り感が人気を集めています。

2.カスタムグラフィック&イラスト

イラストはより個性を表現できる演出の方法の1つです。ユニークなビジュアルを作成するのにもってこいと言えます。

3.左右比対称

グラフィックやウェブデザインで話題になっているトレンドがこの左右非対称です。既存の型にはまらず自由でユニークなデザインができます。2017年、ますます人気を集めてるデザインの1つです。

4.タイポグラフィーとフォントの組み合わせ

タイポグラフィーや文字テキストにユニークさを加えることでよりクリエイティブなデザインができ、デザイナーの想像の幅がより広くなります。

フォント関係をまとめた記事はこちらから→「デザイナーが教えるオシャレな海外のフォント」 「日常でも使える可愛い無料フォント8選」

5.ポリゴンスタイル

ポリゴンスタイルは、ゲームのグラフィックデザインに影響を受けたトレンドで、イラストとしても人気は続いています。3Dデザインを用いて最先端なデザインを作れます。

6.グラデーションカラー

色が移り変わるグラデーションカラーは、今年最大のトレンドです。誰もが知っているInstagramもロゴとイメージカラーをグラデーションに変更しました。トレンドを抑えてるだけでデザインの幅が広がるのではないでしょうか。

グラデーションカラーの特集は、こちらから→「2017年再注目されているグラデーションカラー」

7.ミニマル志向

ミニマル志向は今年もトレンドが続いています。シンプルでスタイリッシュなミニマルデザインは多くの有名ブランドも取り入れています。

8.モダンレトロ

モダンレトロは、基本的に古い物と新しいものの組み合わせでデザインしていきます。どこか昔かし懐かしく暖かみのあるイメージのデザインを作りたいときに最適です。

9.インパクトのある写真と洗練された文字

写真と文字を組み合わせることで重要な情報、伝えたい情報に注目を与え、ユーザーの記憶に残るようにデザインします。企業広告やソーシャルプロモーションに有効なデザインの1つです。

まとめ

2017年のグラフィックデザインのトレンドを紹介させて頂きました。今回紹介した、トレンドに新しいデザインを作りだしてみてはいかがですか。デザイントレンドはあらゆる文化、メディア、テクノロジー、ファッション、様々な分野から影響を受け常に変わっていきます。トレンドを知っているだけでも様々な市場の変化にも対応できますので、参考にしてみてください。



こんにちは、今回2017年のwbデザインの傾向と今後の流れをまとめてみました。

デザイントレンドはメディアやテクノロジー、ファッション業界、トレンドは徐々に細かく枝分かれしてトレンドも移り変わっていきます。基本的にデザイントレンドの寿命は1〜2年。2017年のデザインは、2016年のトレンドを引き継いだものとなり、雰囲気もここ数年よく利用され、親しまれているものに新しいトレンドが加わっています。

1.セミフラットデザイン

2016年はフラットデザインが人気傾向でしたが、マテリアルデザインの傾向を受け、ほんの少し影えを加える事で、半立体的なセミフラットデザインの人気が集まってきています。

2.鮮やかな配色

鮮やかな配色で表現力なあるデザインをアピールしてみましょう。

こちら→「誰でも簡単に配色が出来るカラーパレッドツール7選」をまとめています

3.グラデーションカラー

淡く色が変化していくグラデーションは、現在もっとも人気のあるトレンドの1つです。誰もが知っている、instagramもロゴやイメージを単色からマルチカラーに変えました。グラデーションのトレンドをまとめています。

こちら→「2017年再注目されているグラデーションウェブデザイン」

4.ミニマルスタイル

有名ブランドを始め、多くの企業がコンテンツのわかりやすいく見やすいミニマルデザインに切り替えていっている傾向があります。今後もこの流れは続いて行くと思われます。

5.カスタムグラフィックとイラスト

2017年に大幅に成長する新しいデザイントレンドです。独創的なグラフィックやイラストに人気が集まっている傾向があります。

6.シンプルなでクリエイティブなスペースとグリッド

不規則に並べられたり、コンテンツを重ねたモダンなデザインが人気を集めています。

7.フルスクリーン・フォーム

レスポンシブルデザイン対応のフルスクリーンで表示されたフォームが活用されています。サイトの内部の知りたいコンテンツをすぐに検索でき利便性に優れているデザインです。

8.SEOが重要

検索エンジン最適化は、ウェブサイトにとって非常に重要なよ要素です。外部も内部もウェブデザインには重要な要素になります。

9.切り抜きロゴ

このトレンドはロゴが何を意味しているか、知るために十分なパーツのみでデザインされています。

10.ラインアートロゴ

新しく登場した、モダンなビジネスの現場で人気となっているロゴトレンドです。

11.グラデーションカラーロゴ

グラデーションは、現在もっとも人気のあるデザインのひとつです。誰もが知っているインスタグラムもデザインを切り替えたほど最新トレンドです。

こちら→「2017年再注目されているグラデーションウェブデザイン」

12.小さなタイポグラフィー

余白スペースに囲まれていることが基本でデザイン自体をスッキリ見せる効果があります。アニメーションを組み合わせオリジナリティーを演出してみてはいかがでしょうか。

13.フォントの組み合わせ

フォントと明るめのカラーを組み合わせは、2017年継続して流行っていく流れです。

フォント関係はこちら→「デザイナーが教える海外のオシャレなフォント」 

「日常でも使える可愛いフォント8選」

まとめ

今回、2017年最新ウェブトレンドを紹介させて頂きました。トレンドを抑えているだけで、デザインの幅が広がります参考にしてみてください。

こんにちは、今回海外のクリエーターのポートフォリオを集めてみました。斬新なポートフォリオばかりです。

1.Adhemas Batista

http://www.adhemas.com/

ロサンゼルス在住のフリーランスデザイナー、イラストレーター、ディレクターのAdhemas Batistaのポートフォリオです。都市の芸術とポップカルチャーをコンセプトに活動しており。カラフルな作風でアート性が高いデザインが見ているだけでワクワクしてくるポートフォリオです。

2.Parabolic play ground

http://www.parabolicplayground.com/

ポーランドのフリーランスアートディレクターのLeszek Juraszczykさんのポートフォリオです。シンプルで洗練されたデザインで、多数の賞も受賞されている作品が見れます。

3.Mario Hugo

http://www.mariohugo.com/

アルゼンチン在住のアーティスト兼作家のMario Hugoさんのポートフォリオです。作品一つ一つのデザイン性の高さに驚かされます。

4.Brice Martine2

http://www.bricemartinez.fr/

ロサンゼルスのデザイナーで設立された Paul Hutchisonのウェブサイトです。アートディレクションとタイポグラフィーを専門として活躍。ナイキのデザインパッケージなども手がけています。サイトに入ると動画が出迎えてくれてお洒落です。

5.Daniel Fuhrer Design

http://danielfuhrerdesign.com/

サンフランシスコに本拠を置くデザイナー、アートディレクター、イラストレーターDanie Fuhrerのウェブサイトです。イラストもセンスがあってかっこいいです。

6.JUNLU

http://junlu.co/

ニューヨークのアートディレクター、ジュン・ルーのポートフォリオです。ファッション関係のウェブサイトでサイトも色使いや写真の配置の仕方などユニークかつお洒落です。

7.Soniarentsch

http://www.soniarentsch.com/

アートディレクター、ステイル、ライフアーティストのソニアのウェブサイトです。シンプルな色使いでサイトを構成しており、作品もポップで可愛いデザインが多いです。カーソルを合わせると目のアイコンがでてきて可愛さをより引き立てます。

8.Cory Gibbons

http://corygibbons.com/

アメリカ、ビクトリアBC在住のデザイナーチーム Cory Gibbousのサイトです。シンプルなホワイトを貴重としたウェブデザインです。写真のレイアウトの仕方もセンスに溢れています。

まとめ

今回、海外のクリエーターのポートフォリオを紹介させて頂きました。どれもユニークでお洒落なサイトばかりです、日本サイトではあまり見ないデザインを取り入れてみてはいかがでしょうか。



今回PANTONEから発表された2017年のトレンドカラーを紹介します。

PANTONE ホームページ http://www.pantone.jp/pages/pantone/index.aspx

PANTONは、もともと化粧品メーカーに色見本のパターンの制作を頼まれて成長した会社です、現在世界の色彩の基準にもなっています。

PANTONE 2017 トレンドカラー 

http://www.pantone.com/color-of-the-year-2017-color-standards

2017年のウェブトレンドカラーは、ライムグリーンです。この色には、始まりやチャレンジ、可能性などの意味があります。

ライムグリーン 色彩パターン 

http://www.pantone.com/color-of-the-year-2017

まとめ

2017年のウェブトレンド色を覚えているだけ、デザインをする時のイメージの幅が広がります、又、複数色の配色バランスを考えることは、デザイナー職でない方にとってはかなり難しい作業になります。配色は感覚的に見えて、実はシステマチックに構築されていますので参考にしてみてください。

近年、見なかったグラデーションデザインが再度復活して静かな人気が出てきました、特にオリジナリティーを好む外国では、積極的にインパクトのあるグラデーションを取り入れたホームページデザインが復活しているように思えます。そこで今回、グラデーションデザインのホームページサイトを紹介しています。

1.レッドとエメラルドグリーンの鮮やかな色彩

http://zimya.com.br/

こちらのホームページは、レッドとエメラルドグリーンの鮮やかな色彩の中央の大きなロゴを使用し、テーマ全体をダイナミックに表現しているWeb designです。サイトを開くとさらに動画で演出しており、インパクトを与えるデザインになっています。

2.濃い色のグラデーション

http://impossible-bureau.com/

グラデーションは、CSS3登場直後に一度流行しましたが、最近ではあまり見なくなり、グラデーションの空白の時代がありました。しかし2016年頃最近になって再度注目を集めはじめています。斬新なデザインで他社と差別化を意識してみましょう。

3.モノクロームのグラデーション

http://invisi.jp

こちらのデザインは、シンプルでクールなデザインになっています。サイトを訪問するとブラウザで音声を流れる仕組みになっています、あらゆるデバイスで動画などをあたり前に見れるようになりました。このデザインは一歩先行くデザインです。映像や音など感覚的な業種にオススメです。

4.アニメーションとグラデーション

http://storyline.flasherland.com/

カメラ用語などでよく使うボケといわれるテクニックを利用して作られたサイトです。中央のアニメーションもキャチーに作られておりサイト訪問者を楽しませててくれるデザインになっています。

5.風景とグラデーション

http://zimya.com.br/

風景に明るいグラデーションを取り入れ鮮やかさを演出しているサイトです。グラデーションを使う事により非現実感がでてデザイン性が深まります。

6.音声とグラデーション

http://brightmedia.pl/?lang=en&site=intro

こちらのサイトは中央の菱形アイコンをクリックすると音声が流れる仕組みになっており、斜めのグラデーションがクールさを演出しています。

まとめ

ホームページデザインに大切な色彩は、視覚的なアプローチで訪問者を引きつける重要なポイントになります。近年あまり見なかったようなグラデーションが海外の流れで再注目され初めています、動画とグラデーションを組み合わせたり、音声と組み合わせる事でデザイン性をより強くし、オリジナリティー溢れるWeb Sightを構築してみてください。



[海外のクリエイてブなホームページテーマ10選]

今回、ホームページ作成で一番重要なテーマ選び、海外のクリエイティブなテーマを集めました。参考にしてみてください!

http://www.webcreme.com/

デザインの素敵なホームページを、シンプルに紹介しているギャラリーサイトです。サムネイルをクリックすると、そのまま目当てのページに遷移できます!


http://www.thefwa.com/site/the-carp-and-the-seagull

ギャラリーサイトの画面がいくつか見ることができ、リンクへ飛ばなくても十分Webデザインを閲覧することができます!


http://www.webdesignfile.com/

3カラムレイアウトの斬新なデザインを見ることができるギャラリーサイトです。背景色の効果でサムネイルがより目立ちます。キーワード検索・色検索・カテゴリ分け・タグと検索機能も充実していて便利です。

https://onepagelove.com/

ギャラリー名通り、一枚もののホームページだけを集めています。
ポートフォリオ、サービス、ケーススタディといったようにわかりやすくジャンル分けしてありますので参考にしたいデザインをすぐに見つけることができます。一枚もののホームページを作る際に見ておきたいギャラリーサイトです。

http://www.siiimple.com/

更新頻度が高く、常に新しいデザインを選んで使用できるギャラリーサイトです。
シンプルなデザインも魅力です!


http://www.admiretheweb.com/

ギャラリーそのものがわかりやすく優れたデザインとなっています。
詳細なカテゴリ分けがしてあり、サムネイル下にもタグを用意しているので、似たようなデザインをいち早く探すことができます。また、多数のタグをまとめたタグクラウドも、検索する際に大変便利です。

http://flatdsgn.com/

シンプルな1カラムレイアウトで、デザインを1つ1つ確認することができるギャラリーサイトです。ページ全体を見わたす際シンプルな構成なので、とてもわかりやすいです!

http://www.highfloater.com/

小さなプレビュー画像が、タイルのように敷きつめられたギャラリーサイトです、カテゴリー分けが細かくでき使いやすいですいろんなWEBサイトデザインを一覧で見たいという方は、High Floaterに訪れるのがよいでしょう。WEBサイトの一覧を見ているだけで、デザインのアイディアが得られるかもしれません。

http://muuuuu.org/

カテゴリも業種やデザイン別、色彩などと豊富なので、検索もしやすい仕様になっています!

http://minimalexhibit.com/

[フラットなデザインのギャラリーサイト]コメントを残したり、他のユーザが残したコメントを閲覧することもできます。

外観だけでなく、機能も充実したテーマがオススメです。あなたのお好みのデザインを見つけて楽しくホームページ作成をしていきましょう!

high fashion portrait of young elegant woman outdoor. Grey сoat, cat eye sunglasses, grey wall background

[Webデザインに絶対に役立つツール6選]

1.0to255

http://0to255.com/

利用料金:無料

カラーを選択したい際に便利な、カラーチャートツールです。コード表をみて微調整をしたり、少し色を変更するためだけにPhotoshopを起動して色を変更する手間を省くことができます。カラーを選択するだけで、明るい色から濃い色までのカラーコードが表示されますので、色の微調整などを行う際に活用できて便利です。

パソコンにインストールしているフォントを、ブラウザ上で一覧表示してくれるツールです。「Load more」をクリックすると、すべてのフォントが読み込まれます。スクロールしているだけでフォントを見比べることができますので、フォントを選択する際に非常に便利です。複数のフォントを比較する際は、フィルタリング機能を使うことをオススメします。英語対応のサービスですが、テキストは日本語入力できますので、単語や文章などを画面上部中央のボックスに入力して最適なフォント選択に活用してください。

2.wordmark.it

http://wordmark.it/

利用料金:無料

パソコンにインストールしているフォントを、ブラウザ上で一覧表示してくれるツールです。「Load more」をクリックすると、すべてのフォントが読み込まれます。スクロールしているだけでフォントを見比べることができますので、フォントを選択する際に非常に便利です。
複数のフォントを比較する際は、フィルタリング機能を使うことをオススメします。英語対応のサービスですが、テキストは日本語入力できますので、単語や文章などを画面上部中央のボックスに入力して最適なフォント選択に活用してください。

利用料金:無料

3.Cocoapotrace

http://www.geocities.jp/applescriptdepot/iWeb/AppleScriptDepot/

画像をドラッグ&ドロップするだけで、モノクロのベクター画像へ変換してくれるサービスです。変換した画像を画面左側の枠にドロップすると、右側のボックスに変換後のプレビューが表示されます。プレビューがあまり気に入らなかった場合は、枠下の各パラメーターの値を調節して。
アップデートボタンをクリックすると、プレビューが更新されます。カラー情報は吐きされてしまうので、使用の際は少し注意が必要です。

利用料金:無料

4.webflow

https://webflow.com/

利用料金:$84〜/月、無料トライアルあり

短時間で高いクオリティのホームページを作成することができるサービスです。特に、デザインは得意だけれどプログラミングが苦手というデザイナーの方にオススメです。直感的にデザインをすることができ、作成したものはファイル出力またはホームページとして公開することができます。より細かい微調整を行う場合は個別のプログラミング編集が必要になりますが、ほとんどの作業をこのサービスで完了させることができます。

5.Placehold.jp

https://placehold.jp/2.

利用料金:無料

ダミー画像を瞬時に生成することができるサービスです。ホームページを制作する際には必ずと言っていいほどタミー画像が必要になります。使い方もシンプルで、placehold.itというドメインのあろにサイズを指定するだけで完了です。例えば、1136×852pxのダミー画像が欲しい場合は「http://placehold.it/1136×852」というURLにアクセスすれば指定したサイズの画像が表示されます。ドメイン、サイズ、カラーコードの順にURLを書けば、カラー指定したダミー画像を生成することもできます。

6.Google Web Designer

http://www.google.co.jp/webdesigner/

利用料金:無料

ウェブコンテンツを簡単に作成できるサービスです。グラフィックツールとタイムラインでアニメーションを作成すると、プラットフォームを問わずに動くHTML5、CSS3、JavaScriptを出力してくれます。直感的に操作できますので、誰でも簡単に使用することができます。
このツールを使用すれば、Flashを使用しなくてもアニメーションバナーなどを作成することができますので、今後より必要となってくるツールです。

今回は、Web デザインに役立つツールを紹介させて頂きました。是非参考にしてみてください。

今回、ホームページ作成で一番重要なテーマ選び、海外のクリエイティブなテーマを集めました。参考にしてみてください!

http://www.webcreme.com/

デザインの素敵なホームページを、シンプルに紹介しているギャラリーサイトです。サムネイルをクリックすると、そのまま目当てのページに遷移できます!


http://www.thefwa.com/site/the-carp-and-the-seagull

ギャラリーサイトの画面がいくつか見ることができ、リンクへ飛ばなくても十分Webデザインを閲覧することができます!


http://www.webdesignfile.com/

3カラムレイアウトの斬新なデザインを見ることができるギャラリーサイトです。背景色の効果でサムネイルがより目立ちます。キーワード検索・色検索・カテゴリ分け・タグと検索機能も充実していて便利です。

https://onepagelove.com/

ギャラリー名通り、一枚もののホームページだけを集めています。
ポートフォリオ、サービス、ケーススタディといったようにわかりやすくジャンル分けしてありますので参考にしたいデザインをすぐに見つけることができます。一枚もののホームページを作る際に見ておきたいギャラリーサイトです。

http://www.siiimple.com/

更新頻度が高く、常に新しいデザインを選んで使用できるギャラリーサイトです。
シンプルなデザインも魅力です!


http://www.admiretheweb.com/

ギャラリーそのものがわかりやすく優れたデザインとなっています。
詳細なカテゴリ分けがしてあり、サムネイル下にもタグを用意しているので、似たようなデザインをいち早く探すことができます。また、多数のタグをまとめたタグクラウドも、検索する際に大変便利です。

http://flatdsgn.com/

シンプルな1カラムレイアウトで、デザインを1つ1つ確認することができるギャラリーサイトです。
ページ全体を見わたす際シンプルな構成なので、とてもわかりやすいです!

http://www.highfloater.com/

小さなプレビュー画像が、タイルのように敷きつめられたギャラリーサイトです、カテゴリー分けが細かくでき使いやすいですいろんなWEBサイトデザインを一覧で見たいという方は、High Floaterに訪れるのがよいでしょう。WEBサイトの一覧を見ているだけで、デザインのアイディアが得られるかもしれません。

http://muuuuu.org/

カテゴリも業種やデザイン別、色彩などと豊富なので、検索もしやすい仕様になっています!

http://minimalexhibit.com/

フラットなデザインのギャラリーサイト。コメントを残したり、他のユーザが残したコメントを閲覧することもできます。

外観だけでなく、機能も充実したテーマがオススメです。あなたのお好みのデザインを見つけて楽しくホームページ作成をしていきましょう。

[2017年ホームページデザイン最新トレンド]

今回、ホームページデザインにおける2017年のトレンドと業界の流れを紹介させて頂きます。

Adobe社のデザイン予測

Adobeからも2017年のデザイン予測が! PhotoshopやXDなどに、機能として反映されるかもしれませんね。サイトのキャプチャ10 Design Predictions for 2017

10 Design Predictions for 2017

マイクロインタラクションの進化

UXデザインで極めて重要な役割を果たしているのが、繊細なアニメーションです。特定のエリアに注意を引きつけるだけでなく、完了したアクションのフィードバックを提供してユーザーを楽しませる機能が進化していってます。

[動画は王様]視覚が人間の感覚の中でもっとも強いと言われています。写真は1000の言葉を描き、動画はさらにその10倍の力があるといわれており、今後もホームページに動画を採用する企業がますます増えてくるのではないでしょうか。

[豊かなカラーと印象的なタイポグラフィ]豊かなカラーはホームページの外観を鮮やかにし、画面自体をより明るくします。タイポグラフィはプロダクトやサービスのパーソナリティを表現する人気が高い手段です。ただ読むためだけでなく、視覚的に楽しめるデザインでユーザーを楽しませる事ができます。

オリジナルのイラスト

写真を使うより個性があるため、他社を差別化する意味でもイラストの人気が高まっています。企業にあったイラストでライバルに差をつける事も大事ですね。

長いスクロールとパララックス

縦長ページや無限スクロールの長いスクロールは特にモバイルで好まれており、人気が高いデザインの一つです。モバイル合わせたサイト構築を考えらてはどうでしょうか。

参考: UXデザイナーが備えておきたいツール・サービスのまとめ2017年、Web制作業界全体の流れ

デザイナー、デベロッパーに人気のツールです。

2017 Web Design Trends

暗号化、多く企業がサービスが2段階認証やパスワードレス認証を採用しセキュリティーを重視するようになりました。2017年、注目されているデザイナー・デベロッパーのツールです。デザインのトレンドを確認しておくことも大切です、便利なソフトウェアやオンラインツールも数多くリリースされていっています。

[グリッドにとらわれないレイアウト]特にクリエイティブな会社やプロダクトのサイトでは、要素を重ねたり、スペースを巧みに利用していますスペースをとる事により、ユーザーの読みやすさや高級感にも繋がっていきます。

[多面的な打ち出しエリア]、2017年はグリッドを活かしたユニークなレイアウトが多くなっていく傾向があります、最近では縦に分割されたレイアウトです。カラーやイメージが異なる2つのコンテンツを使う事で不思議なデザインが人気の傾向です。

[アンビエントな動画] 動画のストーリーテリングが移るにつれて、サイトの雰囲気やコンテンツを伝えることができ、インパクトのあるオリジナルホームページがトレンドなっていってます。

[SVGを使ったレイアウトユニークな形]、SVGを使って、曲線や鋭角など斬新なデザインを形を作り出すことができ、オリジナリティーがより増して、他社と差別を意識してみましょう。

[繊細なアニメーション]、楽しませるだけでなく、アクションを追加して読者にアクションを促す機能を追加すると読者の購買意欲も高まる傾向になっていってます。

[美しいグラデーション]フラットでシンプルなデザインにインパクトを与える、モノクロパレットで微妙なグラデーションを再現したり、カラーをより深みなある色彩にしてくれます。色彩でユーザーを引きつけてみてはいかがですか!?

[メニーをシンプルに]アイテム数が多いメニューは読者がわかりにくいです、出来るだけシンプルなデザインがこのまれる傾向になっており、今までの複雑なホームページデザインをリニュ–アルされる方も多くなってます。

今回、ホームページ作成のワードプレスプラグインを厳選しました。

そもそも、プラグインとは?

プラグインとは、ソフト機能を追加する為の小さなプログラムの事です、ホームページをより安全にしたり、自分の好きなレイアウトにカスタマイズ出来る、いわいる部品みたいなものです。プラグインはたくさんありますが、その中でも必ずと導入してても、後悔しないプラグインだけ集めてみました

1.ALL in one seo pack

ALL in one seo packは、これひとつだけでword PressのSEO設定とソーシャルメデァイアでの拡散の為に必要なタグの設定を完璧に行える便利なプラグインです。多くの人にサイトのコンテンツを見てもらう上では、ソーシャルメディアにおいて欠かせません。
必ずインストールしておきましょう。

2.Akismet

Akismetはコメントスパムを防ぐ為のプラグインです。良質なコンテンツを作っていくとPV数が増えていきます。アクセスが増えればスパムメールも増えてくる為、遅かれ早かれ確実に必要になるものなので最初から設定しておくと安心して使えます。

3.WP social boor marking Light

WP social boor marking Lightはソーシャルボタンを手軽に導入する事ができるプラグインです、より多くの人にサイトの存在をしってもらう為にはソーシャルメディアでの拡散が必要になります、導入していて損はないです。

4.word press popular posts

word press popular postsは、サイドバーに人気記事を手軽に導入できるプラグインです、サイドバーに人気のあるコンテンツのリンクを設定する事でPV数を増やす事ができます。自分が紹介したいコンテンツよりもアクセス数が多い記事の方が訪問者が興味を持つ確率が統計で高くなっている傾向があります。

5.Broken Link checker

Broken Link checkerは、リンク切れの通知を受け取れます。プラグインをONにして設定画面から通知用のメールアドレスを入力すれば完了です。

6.Add Quick tag

Add Quick tagは、タグうちを効率化します。記事を書く時の時間短縮、仕事の作業効率をあげてくれますとても便利です。

7.WP Multibyte Patch

word pressを日本語に対応させ、メールの文字列の最適化やピントラックバックの最適化、投降画面の文字数カウントを正常化などを行ってくれます。

8.Contact Form7.

コンタクトフォームは7は、お問い合わせホームを作る為の基本的な機能が全てつまっている、優れたプラグインです必ずインストールしておきましょう。

9.WP Mail SMTP

WP Mail SMTPは、メールエラーを軽減してくれるので、お問い合わせの際のトラブルの回避としてインストールしておくと安心です。

まとめ

カスタマイズの自由度が高いWordPressは、世界中でプラグインやテンプレートが作成されており、無料とは思えない充実した機能が備わっています。プラグインも基本的に無料で利用できるため、動作テストやバックアップに気を配りつつ、気になったものはとりあえず使ってみると良いでしょう。是非参考にしてみてください。