最新アートマーケティングとHPの作り方

せっかくHPを作ったのにアクセスが全然こない、そういう経験をされた方も多いのではないでしょうか。 今回は、アートマーケティングにおけるHP制作について書いています。参考にしていただいたら幸いです。

目次

1.無駄を削ぎ落としシンプルに構成する
2.[告知]
3.アートワークホームページ制作で避けるべき事
4.再確認

 

1.無駄を削ぎ落としシンプルに構成する

アートワークを邪魔するようなも[広告バナー/リスティング広告など]をつけるとアート作品が安っぽくなってしまいます。

 

クライアントとアーティストの両方に興味を持たせることを意識してホームページ作成を行っていきましょう。 あなたが活動している具体的な内容とロゴが入っているヘッダーを付けるだけで見た目も大きく変わっていきサイトの内部を見るためにクリックしなければならない回数が少なければ少ないほどよいという事もいえます。

タイトルはH1タグで囲んでアートワークを表す重要な単語やフレーズを入れると読者が見やくページ滞在時間がながくなります、訪問者と検索エンジンの両方に注意することを心がけてください!また、パラグラフにはさらに詳しい情報が含まれているため、訪問者に具体的な活動をわかりやすく書くとより見やすくなります。

 

2.告知

SNSを利用し無料のアートカードや次の展示情報の特別な招待状、最新のアートワークの情報を発信する事も重要ですその際メールアドレスを提供できるチャンスでもありますので積極的に情報交換をしてみましょう。又名刺を渡すときはFacebook、Instagramなどのリンクを使ってあなたのウェブサイトに来てもらう事が重要です。

訪問者がソーシャルメディアを通じて作品や活動をわかるようにソーシャルアイコンをつける事も是非お忘れなく。 画像そのものにリンクを張りその事においてより多くのサイトにつなげてる事でより多くの人に楽しんでもらえます。

3.アートワークホームページ制作で避けるべき事

長い文章は読者に敬遠されます一般的に300文字から400文字が良いと言われており、ながい文章でも700文字程度に抑える事を意識してみてくだい。これはブログでも同じと言えます、訪問者はあなたの作品を最初に見たいと思っていますが、それについては読んでいない事が多いです。

4.再確認

出来上がった文章やHPを他者にみてもらう事も重要です、またウェブサイト全体についてはモバイルとデスクトップの両方で一貫したブランディングを心がけてみましょう。

訪問ユーザーの50%以上がスマートフォンからアクセスしている可能性があるため、携帯の訪問者に使いやすいようにするレスポンシブルデザイン機能をつけるとよりたくさんの方に喜んで読んでもらえます。

最後に誤字脱字のチェックをしてみましょう。

まとめ

今回は、アートマーケティングについて書かせていただきましたが、この作業はどの業種にも言えることなので参考にして頂くと幸いです。