Photoshopで簡単に肌の荒れを見つけてレタッチする方法 [実践編]まとめ

photoshopで手軽に肌のレタッチを行う方法を紹介しています。ポスターや広告など大きく引き延ばす写真などに肌のレタッチはとても重要の要素になってきます。トーンカーブでレタッチする箇所を明確にして美しい肌に補正していきましょう。

1.トーンカーブを活用してレタッチ箇所を明確にしていきます。①。[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[トーンカーブ]を開きます。

2.そして下の写真のように、普段なかなかやることのない大胆なカーブを描きます。

すると、大きな毛穴やニキビなどわかりやすくなります。③。

3.明確になったレタッチ箇所を[ツールパネル]の[コピースタンプツール]でレタッチしていきます。④⑤。まず[レイヤーパネルで[新規調整レイヤー]を先ほどのトーンカーブの下に作成し、[コピースタンプツール]を選びます。そしてレイヤー以下のチェックを入れます。こうする事で元の画像とは別のレイヤーで調整できるので戻って修正が可能です。あとは、処理したいものの大きさに合わせて、ブラシサイズを調整してレタッチしていきましょう。

まとめ

今回、簡単に肌の荒れなどを見つけてレタッチする方法を紹介させて頂きました。ズーム機能でもわかりにくいような肌荒れも簡単に見つける事ができます。特にポスターや広告などの写真では、大きく引き延ばす為肌の荒れが目立ちやすいので最新の注意が必要です。是非参考にしてみてください。