デザイン

行動心理学から見る売り上げがあがるホームページの作り方

こんにちは、今回行動心理学の視点からみるウェブサイトの作り方を紹介しています。

1.ザイオンス効果

人は何度もみたり、耳にしたものに対して好感を抱きやすくなります。単純に接触回数が多いほど親近感が湧きます。HPでは説明できませんが、メールマガジンやリマーケテイング、広告で信頼感を生みだす事ができます。

2.返報性の法則

人から何かを受けた場合に、何かをお返さなければという心理が働きます。ホームページでは何かサービスをしたあとに商品を購入してもらうように導きます。

3.ハロー効果

人のあるひとつの特徴についていいイメージをうけると他の全ての特徴も実際以上に高く評価します。ホームページでは、レビューやお客様の声にあたる部分です。

4.カクテルパーティー効果

どんな騒音の中にいても、自分に関心がる会話や噂話しには、自然と意識が向いてしまうものです、ホームページに当てはめると「○○な方に最適です。や「○○でお悩みの方」などにあたります。

5.パンドワゴン効果

人は人気のあるものや支持されているものを価値があると考える傾向があります。ホームページでは、アクセス数や口コミです。
※ただし、さくらややらせであると評価がさがります、自然なアピールを心がけましょう。

まとめ

今回は、行動心理学の視点から見るホームページ、ネットショプの作成の仕方について紹介させていただきました。サイト訪問者がリピートしてくれるようなサイト作りを心がけてサイト構築をしてみてください。
最後まで読んで頂きありがとうございます!

著作家/写真家/designer 冨永 淳

bridal photographerを経て独立、九州を拠点に作家活動と作品制作を行う。株式会社 HOUR INC.web magazine 企画・編集・執筆・デザインを行う。

bridal photographer through independence Kyushu Japan Base artist activity to work. production  company /HOUR INC. establishment./HOUR INC.a director.web magazine[HOUR] a director.Planning,editing,writing.design.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017年知っておきたい!ウェブデザイン流行とトレンド

  2. 2017年ホームページデザイン最新トレンド

  3. 目移りする!可愛いウェブデザイン7選

  4. 作業効率を大幅にあげる!Word Pressプラグイン9選

  5. スマホ対応済み!洗練された無料Word Press テーマ

  6. 違いは何?売れてるネットショプの7つの特徴

  7. モノクロで洗練された美しいウェブサイト7選

  8. 海外のトップクリエーターのポートフォリオ8選

PAGE TOP