デザイン

2017年再注目されている!グラデーションWebデザイン

こんにちは、近年、見なかったグラデーションデザインが再度復活して静かな人気が出てきました、特にオリジナリティーを好む外国では、積極的にインパクトのあるグラデーションを取り入れたホームページデザインが復活しているように思えます。そこで今回、グラデーションデザインのホームページサイトを紹介しています。

1.レッドとエメラルドグリーンの鮮やかな色彩

http://zimya.com.br/

こちらのホームページは、レッドとエメラルドグリーンの鮮やかな色彩の中央の大きなロゴを使用し、テーマ全体をダイナミックに表現しているWeb designです。サイトを開くとさらに動画で演出しており、インパクトを与えるデザインになっています。

2.濃い色のグラデーション

http://impossible-bureau.com/

グラデーションは、CSS3登場直後に一度流行しましたが、最近ではあまり見なくなり、グラデーションの空白の時代がありました。しかし2016年頃最近になって再度注目を集めはじめています。斬新なデザインで他社と差別化を意識してみましょう。

3.モノクロームのグラデーション

http://invisi.jp

こちらのデザインは、シンプルでクールなデザインになっています。サイトを訪問するとブラウザで音声が流れる仕組みになっています、あらゆるデバイスで動画などをあたり前に見れるようになりました。このデザインは一歩先行くデザインです。映像や音など感覚的な業種にオススメです。

4.アニメーションとグラデーション

http://storyline.flasherland.com/

カメラ用語などでよく使うボケといわれるテクニックを利用して作られたサイトです。中央のアニメーションもキャチーに作られておりサイト訪問者を楽しませててくれるデザインになっています。

5.風景とグラデーション

http://zimya.com.br/

風景に明るいグラデーションを取り入れ鮮やかさを演出しているサイトです。グラデーションを使う事により非現実感がでてデザイン性が深まります。

6.音声とグラデーション

http://brightmedia.pl/?lang=en&site=intro

こちらのサイトは中央の菱形アイコンをクリックすると音声が流れる仕組みになっており、斜めのグラデーションがクールさを演出しています。

まとめ

ホームページデザインに大切な色彩は、視覚的なアプローチで訪問者を引きつける重要なポイントになります。近年あまり見なかったようなグラデーションが海外の流れで再注目され初めています、動画とグラデーションを組み合わせたり、音声と組み合わせる事でデザイン性をより強くし、オリジナリティー溢れるWeb Sightを構築してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

著作家/写真家/designer 冨永 淳

bridal photographerを経て独立、九州を拠点に作家活動と作品制作を行う。株式会社 HOUR INC.web magazine 企画・編集・執筆・デザインを行う。

bridal photographer through independence Kyushu Japan Base artist activity to work. production  company /HOUR INC. establishment./HOUR INC.a director.web magazine[HOUR] a director.Planning,editing,writing.design.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 独学でプログラミングからWebデザインまで学べる国内の凄いサイト13選

  2. 2017年ホームページデザイン最新トレンド

  3. モノクロで洗練された美しいウェブサイト7選

  4. デザインに取り入れたい!ビビットカラーのウェブサイトまとめ

  5. 2017年知っておきたい!ウェブデザイン流行とトレンド

  6. Webデザインに絶対に役立つツール6選

  7. スマホ対応済み!洗練された無料Word Press テーマ

  8. 違いは何?売れてるネットショプの7つの特徴

PAGE TOP