2017年ホームページデザイン最新トレンド

今回、ホームページデザインにおける2017年のトレンドと業界の流れを紹介させて頂きます。Adobe社のデザイン予測 Adobeからも2017年のデザイン予測が公式ホームページより発表されています。 PhotoshopやXDなどに、機能として反映されるものでしょう。

目次

1.マイクロインタラクションの進化
2.動画は王様
3.豊かなカラーと印象的なタイポグラフィ
4.長いスクロールとパララックス
5.グリッドにとらわれないレイアウト
6.多面的な打ち出しエリア
7.アンビエントな動画
8.SVGを使ったレイアウト
9.繊細なアニメーション
10.美しいグラデーション

 

経典:サイトのキャプチャ10 Design Predictions for 2017より

10 Design Predictions for 2017

1.マイクロインタラクションの進化

UXデザインで極めて重要な役割を果たしているのが、繊細なアニメーションです。特定のエリアに注意を引きつけるだけでなく、完了したアクションのフィードバックを提供してユーザーを楽しませる機能が進化していってます。

2.動画は王様

視覚が人間の感覚の中でもっとも強いと言われています。写真は1000の言葉を描き、動画はさらにその10倍の力があるといわれており、今後もホームページに動画を採用する企業がますます増えてくるのではないでしょうか。

3.豊かなカラーと印象的なタイポグラフィ

豊かなカラーはホームページの外観を鮮やかにし、画面自体をより明るくします。タイポグラフィはプロダクトやサービスのパーソナリティを表現する人気が高い手段ですただ読むためだけでなく、視覚的に楽しめるデザインでユーザーを楽しませる事ができます。

オリジナルのイラスト 写真を使うより個性があるため、他社を差別化する意味でもイラストの人気が高まっています。企業にあったイラストでライバルに差をつける事も大事ですね。

4.長いスクロールとパララックス

縦長ページや無限スクロールの長いスクロールは特にモバイルで好まれており、人気が高いデザインの一つです。モバイル合わせたサイト構築を考えらてはどうでしょうか。

参考: UXデザイナーが備えておきたいツール・サービスのまとめ 2017年、Web制作業界全体の流れ デザイナー、デベロッパーに人気のツールです。

 

 

 

 

 

http://2017 Web Design Trends

暗号化 多く企業がサービスが2段階認証やパスワードレス認証を採用しセキュリティーを重視するようになりました。2017年、注目されているデザイナー・デベロッパーのツールです。デザインのトレンドを確認ておくことも大切です、便利なソフトウェアやオンラインツールも数多くリリースされていっています。

5.グリッドにとらわれないレイアウト

特にクリエイティブな会社やプロダクトのサイトでは、要素を重ねたり、スペースを巧みに利用していますスペースをとる事により、ユーザーの読みやすさや高級感にも繋がっていきます。

6.多面的な打ち出しエリア

2017年はグリッドを活かしたユニークなレイアウトが多くなっていく傾向があります、最近では縦に分割されたレイアウトです。カラーやイメージが異なる2つのコンテンツを使う事で不思議なデザインが人気の傾向です。

7.アンビエントな動画

動画のストーリーテリングが移るにつれて、サイトの雰囲気やコンテンツを伝えることができ、インパクトのあるオリジナルホームページがトレンドなっていってます。

8.SVGを使ったレイアウト

ユニークな形、SVGを使って、曲線や鋭角など斬新なデザインを形を作り出すことができ、オリジナリティーがより増して、他社と差別を意識してみましょう。

9.繊細なアニメーション

楽しませるだけでなく、アクションを追加して読者にアクションを促す機能を追加すると読者の購買意欲も高まる傾向になっていってます。

10.美しいグラデーション

フラットでシンプルなデザインにインパクトを与える、モノクロパレットで微妙なグラデーションを再現したり、カラーをより深みなある色彩にしてくれます。色彩でユーザーを引きつけてみてはいかがでしょうか。

メニーをシンプルに アイテム数が多いメニューは読者がわかりにくいです、出来るだけシンプルなデザインがこのまれる傾向になっており、今までの複雑なホームページデザインをリニュ–アルされる方も多くなってます。

まとめ

今回は、2017年のホームページデザインのトレンドを紹介させて頂きました。トレンドを抑えておくと、外観だけではなく、内部構造も常に進化していっているので、セキュリティー面などにも有効になります。

デザインを決めてオリジナリティーなホームページ制作の参考にして頂けたら幸いです。

又ウェブサイトを作る際ドメインやサーバーはご自身でご準備しないといけません。ホームページ制作を考えている方は参考してみてはいかがでしょうか。