最新記事

ビジネス

IT時代誰もがインターネットを通じて自身を発信したりできるようになりました。個人のブログからお店のホームページまで無料で幅広く制作できるWordPressについて見て行きましょう。
ブログやホームページ作成を考えられた方の中には一度は聞いた事があるかも知れないWordPressとは?

ワードプレスとは?

WordPressは無料で使えるソフトウェア

WordPressとは、無料で使えるブログソフトウェアの事です。プラグインによる拡張性も豊かなことから、ブログ以外にもコーポレートサイトやオウンドメディアとしても使用されております。テーマを選択することで、デザインの幅も広がり、公開されて10年以上人気です。、ワードプレスとは何か?ということです。

簡潔に言うとワードプレスとはブログを生成するマシーンのようなものなのです。

Googleなどで「ワードプレス」を検索すると、以下のように解説されていますね。

経典:wikipedia

WordPressで出来る事

ブログやHPから求人サイトまで制作ができる

WordPressはソフトウェアなので、ブログやホームページを作成し記事を書いてSNSなどで投稿することができるます。ブログのように更新性が高い場合、情報を定期的に発信していくための更新作業が必要となります。従来の方法では新しくを作成するために都度対応する必要がありました。
そういった更新の手間を大幅に省くことができ、専門的な知識や技術がなくても運営が容易になります

WordPressの特徴

1.無料で使用する事ができる

2.テーマのデザインテンプレートが豊富

3.サーバーを自分で選択して独自ドメインも使用できる

4.プラグインの導入で機能の拡張できる

5.カスタマイズが自分好みにでき活用の幅が広がる

1−1.無料で使用する事ができる

ワードプレスのソフトウェア利用料は無料です。
個人サイトはもちろん、オンラインサイトや求人ページ制作においても無料で使用することができます。

※レンタルサーバー代や独自ドメインの取得、維持費用は別途必要です。
※ドメインやレンタルサーバーはご自身で契約する必要があります。

1−2.テーマのデザインテンプレートが豊富

経典:Themehaus

1−3.サーバーを自分で選択することができ、ホームページのURLも取得できる

無料ブログやプロバイダーが提供するホームページ開設サービスの場合、あらかじめ設定されているドメインを使用し、独自のドメインがとれません。Word Pressでは、独自ドメインを取得することで、オリジナルのURLでホームページを運営することができますので、他のブログサービスなどと比べると機能やデザインの自由度や活用の幅は格段に上がります。

1−4.Wprd Pressで作られたホームページの使い勝手や機能を拡張するプラグインと呼ばれる機能を導入することができる

例えば、表示速度を軽くしたり、タグ打ちを最適化したりスパムコメントを自動的に削除する機能、使用されている画像のサイズをリサイズしたりと、豊富なプラグインも魅力のひとつです。

出典:Word Press Org

1−5前述のテンプレートやプラグインを利用することで専門的な知識や技術がなくとも、簡単に機能やデザインの拡張をすることができまる

つまり、カスタマイズ次第でブログだけでなく商用利用サイトやオンラインサイト、求人ページさえも構築できることから、世界中で最も多く使われるブログソフトウェアとして普及し、今やWordPressを使ったホームページが構築が主流となりつつあります。WordPressのソフトウェア利用料は無料です。個人サイトや法人サイトオンラインショピングなどの商用サイトにおいても無料で使用することができます。

※レンタルサーバー代や独自ドメイン取得、維持費用は別途必要です。

※ご自身でレンタルサーバーや独自ドメインを購入する必要があります。

レンタルサーバーや独自ドメインの取得を考えられている方は参考にしてみてください。

エックスドメイン

wpX(ダブリューピーエックス)サーバー

まとめ

WordPressは、無料で使えるブログソフトウェアでテーマの豊富さやカスタマイズの自由度、プラグインによる拡張機能性が高いことから、ブログ以外にもオンラインショピングサイトやオウンドメディアとしても使用されております。
パソコン操作に慣れない方であっても更新作業やカスタマイズが従来の方法と比べても容易になります。

その他、無料にも関わらず、定期的にアップデートされるサポート体制が充実している点も人気の一つです。
社内にプロのWebデザイナーが不在であったり、低予算で始めるホームページ運営などには最も適したブログソフトウェアと言えます。





今回デザイン業界の今後とデザインが企業にもたらす事をまとめました。デザインは感覚的な部分もありますが、アメリカを始め外国では、多くの企業が経営戦略としても取り入れています。

1.全ての企業にとってデザインがより重要になる

今までは、ビジネスに対してデザインがもたらす影響が強いとされてきた業界は限られていました。例えば、ファッション業界や美容関係、車のデザイン今後デザイン的志向があらゆる業界の大切な要素になっていきます。現在アメリカを中心とした海外ではデザイン的志向とマーケティングがあらゆる企業に積極的に取り入れられています。

2.企業価値にもデザイン力が影響する。

これまでは、財務、指標や事業実績、株価などから企業の価値が判断されてきましたが、これからはそれに加えてデザイン力も判断基準になっていきます。現在シリコンバレーのVCでは、いち早くデザイン業界経験のある人材を獲得を進めている企業が増えています。

3.独学でデザインを学ぶ必要がある

テクノロジーの加速で学校でデザインを学ぶだけでは、プロの世界では十分ではない、もちろん基本的なデザインの知識は重要である。サンフランシスコなどの都心部では、社会人向けのクラスも増え、大学に行かず独学でデザインを学びデザイナーやクリエイティブな業界で活躍している人も増えている。

4.エンジニア経験を持つデザイナーの重要性

デザイナーとエンジニアは今までは別々のものと分野されてきましたが。Web,モバイルの進化と共にデザイナーもプログラミングの知識が求められるようになった。エンジニアの経験を持つデザイナーは非常に重要な人材となっています。

5.行動心理学も重要

海外のVXデザイナーの中ではデザイン科卒業ではなく、心理学や人間工学、人類学を学んで、デザイナーになった人も多い。

6.デザイナーと呼ばれなくなる職業

デザインは、これから企業にとって重要な軸になってくる事は疑いはありません。与えられた課題に対して最前の解決方法を考え、デザインを具体的にアイディアとして落とし込む人がデザイナーであり、Photoshopなどの技術ももちろん必要ですが。オペレーションシステムは今後
マシーンに変わわる可能性があり、仕事がなくなる、もしくは待遇が悪くなっていきます。

シリコンバレーのクリエーティブ情報を知りたい方かこちら→http://btrax.com/jp/#intro

まとめ

今回、デザイン業界の今後と企業にもたらす事まとめました。ITの進化でデザインがあらゆる企業の軸になっていくのではないでしょか。

ブログやポートフォリオサイトなども制作できるWordPressですが、今回は少し的を絞って企業サイト向けのテーマのご紹介をしていきます。個人利用の場合には見た目を重視する方も多いでしょうが、ビジネス利用となると見た目だけでなく安全に利用できるか、収益につながるか、使い勝手も選ぶ際のポイントです。そこで今回は、WordPressテンプレートの中でもビジネス向けのものをピックアップしてご紹介します。企業・サービスのホームページ、ビジネスブログを作ろうとお考えの方は参考にしてみてください。お金をだしてまでサイトを作るのはちょと思っている方におすすめです。

目次

1.Attitude

2.テンプレートキング(医療・ヘルスケア系ギャラリーデザインD01)

3.クラウドテンプレート(No.003[シンプルPINK])

4.ベーシックデザイン 会社案内系 ブルー(C01)

5.無料ホームページテンプレート.com(No.021)

6.Biz Vektor

7.無料レスポンシブWordPressテーマNo.011

8.Weddings

1.

https://www.themehorse.com/preview/attitude/

Attitude(アティテュード)はカスタマイズが簡単なので初心者向きなほか、レスポンシブザインにも対応しています。内部機能にも優れており、WordPress公式テーマでもあります。

2.テンプレートキング(医療・ヘルスケア系ギャラリーデザインD01)

http://www.templateking.jp/sample/wordpress/gallery-d01/

ギャラリーテンプレートでコンテンツの見やすさが魅了のテーマです。レスポンシブWebデザイン対応済みです。シンプルなデザインをお探しの方におすすめです。

3.クラウドテンプレート(No.003[シンプルPINK])

 

http://c-tpl.com/wp_f003.php

こちらはビジネスで利用される事の多い本格的なテーマです。無料で使えながらも高いデザイン性になっています。内部SEOも魅力のひとつです。

4.ベーシックデザイン 会社案内系 ブルー(C01)

https://www.templateking.jp/wordpress/website/fsv002wpbasicc01.html

無料テンプレートサービス「テンプレートキング」で配布しているものです。便利で使いやすいテンプレートが多数揃っていますが、中でもブルー(C01)はベーシックなデザインで汎用性が高く、ビジネス利用に最適です。会社案内にぴったりなデザインではないでしょうか。

5.無料ホームページテンプレート.com(No.021)

 

 

 

http://theme.o2gp.com/free_theme001.php

定番のコーポレートサイからECサイトなど幅広く利用できるテンプレートです。

6.BizVektor

http://lightning.vektor-inc.co.jp/ja/

カスタマイズしやすいテンプレートを目指してテーマファイルのシンプルさを追求しており、会社のホームページから、個人のサイトまで幅広く対応してくれるデザインではないでしようか。

7.無料レスポンシブWordPressテーマNo.011

http://f-tpl.com/tpl011rwd/

シンプルなレイアウトで見やすく清潔感を感じさせます。白をベースに所々アクセントカラーとして緑を取り入れており、医療・健康・薬関連のホームページにも適しています。

8.Weddings

https://ja.wordpress.org/themes/weddings/

Weddingsはその名のとおり結婚をテーマにしたテンプレートですが、女性に喜ばれるようなビジネスに使いやすいデザインです。例えば女性向けのサロンや美容室、写真撮影サービスなどに適しています。オーソドックスな作りで誰にでも使いこなしやすいレイアウトといえます。女性向けビジネスのホームページ作成に採用してみてはいかがでしょうか。

※レンタルサーバー代や独自ドメイン取得、維持費用は別途必要です。

※ご自身でレンタルサーバーや独自ドメインを購入する必要があります。

レンタルサーバーや独自ドメインの取得を考えられている方は参考にしてみてください。

エックスドメイン

wpX(ダブリューピーエックス)サーバー

(アフィリエイトプログラムより)

まとめ

以上、ビジネス向けWordpressテンプレートをまとめてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。ビジネス利用であれば安全性の他、アクセスのしやすさ、SEO対策と色々な点を考慮する必要があります。特にスマートフォンが普及しているこれからの時代、レスポンシブ対応は必須といえます。この記事でご紹介したテンプレートは基本的に無料でお使いいただけますが、それぞれ利用条件が異なります。ご利用の際には必ず利用規約を事前にご確認ください。

PAGE TOP